シンポジウム

ラマンスペクトルシミュレーション・解析法の最新動向(赤外ラマン分光部会企画
2022年10月13日(午前)

Quantum Espresso, Gaussian等のソフトを⽤いたラマンスペクトルシミュレーション,⾮調和性を考慮した振動スペクトル計算⼿法の開発と応⽤,DBSCANを⽤いたラマンスペクトル再構成の⽅法などについて,分かりやすく解説してもらいます.

プログラムおよび招待講演者

講演者(予定、タイトルは仮題)

Quantum Espresso, Gaussian等のソフトを⽤いたラマンスペクトルシミュレーションの⽅法
⽯村和也(クロスアビリティ)

⾮調和性を考慮した振動スペクトル計算⼿法の開発と応⽤
⼋⽊清(理化学研究所)

DBSCANを⽤いたラマンスペクトル再構成の⽅法
近藤崇博(学習院⼤)