公益社団法人 日本分光学会

会長挨拶

 川田 善正(静岡大学工学部機械工学科)

 

人が集う学会に

 

 日本分光学会は1953年に設立され、「分光」の基礎研究から、物質科学、生命科学、環境科学、食品、薬品、医療、エネルギーなど、多方面にわたる分野の応用研究および装置開発に関する学術的議論、情報共有、情報発信のための場を提供しています。分光学の歴史は古いものの、最新の技術革新を積極的に取り込むことによって、常にさまざまな学術分野の基礎を支えるとともに、応用研究の第一線で活用されるものとなっています。

 

学会活動に参加する大きな目的は、最新の学術的情報を得ることや発信することともに、会員同士の交流も大きな要素の一つであると思います。学会に参加すれば、そこに「分光学」を志す仲間やライバルがおり、研究に関する真摯なディスカッションや情報収集ができるとともに、旧知を温めたり、新しい出会い、新しい刺激や発想を得ることができます。

 

 ぜひ、多くの会員が集い、議論し、情報を共有できる学会にしたいと考えています。これまでの人と人が一堂に会して直接議論する場を提供するとともに、IT技術なども積極的に利用することによって、地理的、時間的な制約を超えた新しい学会のあり方を模索し、多くの方に気軽に参加していただけるような学会にしたい思っています。

 

1. 活気ある学会、魅力のある学会 (Active & Attractive) に

 

   多くの会員の方を中心に、さまざま分野の方々が集い、オープンな雰囲気で議論できる学会にしたいと思います。豊富な情報を求めて、多くの方が集うとともに、新しい学理、技術を発信することができる学会を目指したいと思います。

 

2. 財政の安定化

 

   持続的な学会とするために、効率的な運営を行うことによって財政を安定させたいと思います。

 

 理事・会員の皆様のお力添え、ご支援をえて、日本分光学会の発展に努力して参りたいと思いますので、よろしくご協力、ご支援お願い申し上げます。

 

                                              川田 善正(静岡大学工学部機械工学科)