公益社団法人 日本分光学会

2021年04月13日

自然科学研究機構 先端光科学研究分野 2021年度プロジェクト公募開始

大学共同利用機関法人自然科学研究機構
先端光科学研究分野 2021年度プロジェクト公募開始のお知らせ(~5月31日17時)
https://www.nins.jp/site/cnsi/2561.html

【事業の趣旨】
 光学顕微鏡や分光学における先端的な技術は、これまで自然科学の各分野にブ
レークスルーをもたらし、20世紀にはレーザーや放射光などの新しい光源の出現
によりそれらが著しく加速しました。それらはさらに、観察対象の性質を調べる
道具としてのみならず、光による制御の技術を生み出し、光科学の広い分野への
応用を可能としています。現在においても光の新たな特性(例えば局在した光,
光の角運動量や量子性など)に関する発見や解明が進展を見せ、光イメージング
においては多様な超解像の手法が創出されるなど、新たな光操作技術や光計測技
術の発展とその広い自然科学分野での応用が期待されています。
 自然科学研究機構の新分野創成センター先端光科学研究分野では、光そのもの
の特性に関する新原理の発見とそれに基づいた新装置の開発ではなく、「原理自
体は(ほぼ)解明されているが、生命科学や物質科学、その他自然科学諸分野へ
の新原理の技術的応用が未到なものに焦点を当て、新分野としての萌芽を探索し、
展開を図る」ことを目的とし、新たな分野融合的発想に基づく光技術の適用法や
新技術開発につながる先駆的・挑戦的な萌芽研究として「共同研究」、およびそ
れらを探索する「研究会」のプロジェクト提案を公募します。

【公募の内容】
<プログラム>
(1)共同研究
新たな分野融合的発想に基づく光技術の適用法や新技術開発につながる先駆的・挑戦的な萌芽研究。
・研究実施体制
本プロジェクトに応募する研究代表者と研究に協力する連携研究者で研究を実施するものとします。
(2)研究会
新たな分野融合的発想に基づく光技術の適用法や新技術開発につながる先駆的・挑戦的な萌芽研究を探索するための研究会。

※詳細は公募要領を参照してください。

<プロジェクト研究期間>
採択通知日~2022年3月31日

<応募資格>
プロジェクト経費の執行・管理を行うことが可能な研究機関に所属する研究者

<金額>
(1)共同研究 1件 300万円を上限とする。
(2)研究会 1件 80万円を上限とする。

<申請方法>
応募書類:

プロジェクト実施計画書
(1)共同研究・・・別紙様式1
(2)研究会・・・・別紙様式
公募HPページよりダウンロードし、Microsoft Word形式のファイルにて提出してください。
なお、プロジェクト実施計画書に画像等を含める場合は、PDF形式のファイルも併せて提出してください。

提出方法:

 応募者は、所属研究機関の事務担当を通じ、2021年5月31日(月曜日)
17時(必着)までに、電子メールにて以下の送付先に送付してください。
 受領を確認し次第、新分野創成センター事務担当より所属機関の事務担当者に
メールでその旨ご連絡いたします。

【応募書類送付先】
自然科学研究機構 事務局企画連携課研究支援係(新分野創成センター事務担当)
E-mail:cnsi-jimu[at]nins.jp
Tel:03-5425-1325・1317

【審査等】
 本プロジェクトの審査は、申請情報に基づき、自然科学研究機構新分野創成セ
ンター先端光科学研究分野教授会議で行います。審査は非公開で行われます。
(採択された場合は、採択情報は先端光科学研究分野のHPにて公開されます。)

【その他】
本公募に関するご質問等がありましたら、下記にご連絡ください。
自然科学研究機構 事務局企画連携課研究支援係(新分野創成センター事務担当)
Tel:03-5425-1325・1317
Fax:03-5425-2049
E-mail:cnsi-jimu[at]nins.jp


【注意】
応募を希望される方は、所属研究機関の事務を通じて応募くださいますようお願
いいたします。